金方堂松本工業株式会社

BLOG

これ以上落ちない?

2012.02.09

上野の山にある大仏の顔
不思議なことに顔だけが祀られてるんだよね。

その歴史は寛永8年に、上野大仏として建立されたらしいけど、度重なる地震や火災にあっても顔だけは残り、何度も修復されたってお話し。最終的には戦時中に軍需金属資源として、体の部分を供出したんだって。

上野のパコダと缶缶

かんかん照れ

戦時中といえば、金方堂でも金属類回収令によって、缶の製造が出来なくなったんだよ。
それでも容器を求めるお客さんを困らせてはいけないと、苦肉の策で紙箱のフチにわずかなブリキを貼って販売したんだ。

今でも東京本社、缶のミュージアムには、歴史コーナーに貴重な当時のパッケージが展示されているよ。
(注:ミュージアムはお取り引きのあった方のみ予約制で公開。一般には開放していません。)

金方堂の版権

話しを大仏に戻すよ。
残った顔面部分だけは、昭和47年から上野の山に祀られているんだ。

今では受験生のお参りスポット。
理由は、今まで何度も顔の部分だけが落ちたけど、顔のみとなった今は「これ以上、落ちない」ってことなんだとか。

カンカン合格祈願
大仏の顔は誰でも通りすがりに、ぷらっと立ち寄れるような場所で見られるよ。
でも公開時間が決まっていて、午前10時から16時まで。以降は門が閉められちゃうから要注意。

以上、つい最近クイズ番組でも取り上げられたネタだけど、パクってないよ。
テレビっこ缶缶が行く!!でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

バレンタイン・フェア

2012.02.06

いよいよ今月は各デパート、各ショップともにバレンタイン・フェアへ突入だね。
金方堂としても、毎年たくさんのチョコレート缶製造させてもらっているお得意様ばかり。

営業マンも企画課のデザイナーも、この時期は売場へとこまめに足を運んで、売れ行きだけじゃなく、POPとしてのパッケージのあり方も勉強しているんだ。
作って終わりではなく、いろいろなパッケージと並んだ時の見え方、とくに目立ち具合や、ターゲットをしっかりと意識したデザインになっているかどうか?
今年の流行の形は?などなどリサーチも兼ねてね。

カンカンもショコラ

購入者はどういうポイントで商品を手にとっているか、こっそり横で聞き耳を立てたりもしているよ。
もちろん、見るだけじゃなく購入することもある。他社の缶でカッコイイものだって参考に購入するし、缶以外の容器で「これはイイ!」と思うパッケージデザインに出会ったら、勉強のためにも購入しちゃうんだ。

こうなるとオスなのに、女性よりもバレンタイン商品を買いまくっているんじゃないかなー。
去年なんて、チョコを物色してたらインタビューされそうになって逃げたよ。
「最近は男性から女性へチョコをプレゼントする傾向になりつつある」とかで。

それとは違うんだって、缶缶の場合は仕事ですから。
しかも人にあげず自分で食べちゃうけどね。

以上、今年も各地のバレンタインフェアに顔を出しまくる缶缶が行く!!でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

テレビ番組に缶

2012.02.02

1月26日(木)放送のテレビ東京(テレビ大阪)系番組内で、缶入り菓子が紹介されていたよ。

その時の特集内容は「日本の技ロングセラーを支える職人たち」と題して、
昔から誰もが目にしているロングセラー商品を紹介するってコーナー。

亀の子束子、正露丸、ジャポニカ学習帳、シッカロールなどはもちろん、缶屋にとっては嬉しい缶入りお菓子も出てきたんだ。

缶が紹介されたのは「あなたの家にあった缶は?(街角100人アンケート)」のコーナー。

第1位 ヨックモックのシガール
第2位 モロゾフのアルカディア
第3位 豊島屋の鳩サブレー
第4位 神戸ふう*月堂のゴーフル
(*ふうの文字はかぜかんむりに百)
第5位 浪花屋製菓の柿の種
第6位 泉屋東京のスペシャルクッキーズ

という結果でした。
(敬称略)

もちろん、この中には金方堂の得意先様もいくつか入っているわけで、製造に携わる身としては、とっても嬉しい特集だったよ。
薬入れとか明細書入れとか、裁縫道具箱などとして家庭に長く置かれているっていうお話しでした。

ここで一つ、これらのロングセラーお菓子は、“缶入り”という点に注目してほしい。
美味しい事だけがロングセラーの理由だったら、缶じゃなくてもいいはず。
なぜ缶入り商品ほどロングセラーになるのか?
それはやっぱり後利用されて、長く家庭で目にするからなんじゃないかな。

それから、缶は長期的な広告物になるから、デザインを長く使い続けるということもロングセラーには欠かせない要素だね。
6社の缶はほとんどがデザインを大きくは変更していないよね。
唯一ヨックモックさんだけは20年ほど前に大きなデザイン変更があったぐらい。
それなのに1位っていうのはスゴイ事だね。

テレビとカンカン

以上、テレビ大好き現代っ子の缶缶が行く!!でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

のもの

2012.01.30

JR上野駅に1月20日から、地域を応援する!特産品ショップ『のもの』がオープンしているよ。
このお店はJR東日本が自治体や生産者と協力し、期間毎の入れ替わりで、各地域の特産品などを売る店舗。

nomono

カンカンとのもの

のものって名前の由来は「旬のもの」「地のもの」「縁のもの」からなんだってさ。
第一弾はすでに1月20日から始まっていて、東北青森県にスポット!
期間内は青森県内7市が観光ピーアールも行うんだって。
2月9日(木)までらしいから、気になる人はお早めに。

ちなみに2月10日(金)からは茨城県のショップに変わるそうだから、今後も楽しみだね。

そして缶缶としては、缶商品が無いのは気になるところ。
これから参加する自治体の皆様!ぜひ缶入り土産も扱ってくださーい。

缶の密封性・遮光性・防湿性などは食の安全・安心に最適だと思うんだ。
リサイクル率の高さも地球環境に優しい県というピーアールになるし、地域のイメージアップになるかも。

【場  所】
上野駅中央改札外グランドコンコース(ガレリア内)

【営業時間】
平日:11時?22時(cafe:7時?22時)
土日祝日:10時?21時(cafe:7時?21時)

ついでだからもう一つ、上野駅構内のエキュート上野では、
パンダフル・ウインターフェアというのをやっているよ。

エキュート内の各店舗が、パンダ関連商品を販売するフェアだって。

うまいネーミングだね。

カンカンとパンダフル

以上、寒空の上野駅から缶缶が行く!!でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

きたなトラン

2012.01.26

某テレビ局で2011年3月に放送された中華料理「味の幸楽」に行ってきたよ。
外観はきたないのに、味は美味いお店を紹介するって番組ね。

ここは中華屋なのに、取り上げられた美味しい料理というのが、なんとナシゴレン。
ラーメン+半ナシゴレンのセット(750円)を頼むお客さんが多いんだとか。
缶缶はノーマルなナシゴレン(650円)を食べてみたよ。

缶とナシゴレン

一口食べただけで、「まるで魅惑のリゾート地に来たみたいや?」(うそ)
中華屋で食べているせいか、東南アジアは感じないけど、ちょっとだけピリ辛。
クセがなくてとっても食べやすいよ。

ちなみにカウンターやテーブルに漬け物が置いてあって、これがまたウマイんだ?。
夏はきっとビアが進むよ。ビアあるのか知らないけど。

お店の外には、きたなトラン認定の賞状とトロフィーが置かれてた。
この番組、バラエティーだけど星★★★3つは、めったにもらえないんだよ。

缶缶としては、賞状の横に置かれた灰皿ブリキ製なことに目が行ってしまう。
空き缶の再利用としてはもっともオーソドックスだけど、こういうお店にはよく似合うよね。

番組では一応、御徒町って紹介してたけど、JRからだとちょっと遠い。
つくばエクスプレス線・大江戸線の新御徒町駅からのほうが近いんだ。
金方堂本社からだと鳥越神社方面に、徒歩10分ぐらいはかかっちゃうかな。

●中華料理屋「味の幸楽」
東京都台東区小島2?1?2(最寄り駅は新御徒町駅)
ランチは一応15時までって書いてあったけど、不確定。

缶缶が喰らう

話題になったお店だから、たまにはブログでランチ紹介もいいでしょ?
目指せパンダ界の彦麻呂、以上、缶缶が行く!!でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

著名人の手形

2012.01.23

2回続けて上野恩賜公園の話しを書いたけど、今回も引き続き同じ場所から。
手抜きじゃないよ、テレビの収録だってまとめて2?3回分撮るっていうでしょ。
(なぜテレビと比較するのか?というツッコミはなしの方向で)

さて、広い上野公園内にはまだまだ「おやっ?」と思うものがあるよ。
それが著名人たちの手形

上野恩賜公園入口の階段から入ると、左端のほうに並んでいるんだ。

tegata1

tegata2

なぜか、途中にサザエさんが!!
しかもこれだけイラストって・・・。

cancan&sazae

写真の他には冒険家の植村直己さんや柔道の山下泰裕さん、映画監督の黒沢明さんと、ここらへんでピンと来た。
高橋尚子さんの名前があったときには、もう完璧に分かったね。
これは国民栄誉賞受賞者の記念碑なんだ。(だからサザエさんは長谷川町子さんのこと)

ということは、近いうちに女子サッカーのなでしこジャパンも追加?
まさか選手・スタッフ全員の手形?は無理そうだから、全員揃った写真をレリーフにでもするのかな。
どうなるのか楽しみだね。

国民栄誉賞シリーズなんてグッズはどうかな?
全員の手形とサインをフタに印刷して。

それぞれのゆかりの地でお土産として販売してくれたら、全19缶も作れるんだけど。

以上、散策に楽しい上野公園から、缶缶が行く!!でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

上野公園のイルミネーション

2012.01.19

前回、少しだけ触れた『上野公園のイルミネーション』だけど、こちらも2月26日(日)までライトアップされているみたい。

クリスマス飾りを撤去し忘れたのではないんだねー。

uenokoen

場所は西郷隆盛像の横
ツリーは常に色が変化しながら輝いているよ。

もう一つは、西郷どん近くの階段の下、こちらは『恋人たちの森 動物イルミネーション』と題して飾り付けられてるんだ。

カンカン写す
上野の観光客誘致もだいぶ力を入れてきているね。
まだまだ上野動物園の方とか、噴水あたりは工事中の箇所もあって、今後の変化が楽しみ。
カフェなども出来るみたいだよ。
オープンしたら缶入りクッキーでも扱ってほしいな。

たくさんの人が訪れて、お土産が充実して、缶商品も増えてくれることに期待!
すでにパンダグッズはたくさんあるから、パンダ以外のものでも提案していかないと。

今日の缶缶が行く!!はこれにて終了?。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

うえの華灯路 浮世絵行燈

2012.01.16

今年の2月26日(日)まで上野公園では
『うえの華灯路(はなとうろ) 浮世絵行燈(あんどん)』
が開催されているよ。
上野公園内の歩道脇に、浮世絵を描いた行燈が約5メートル間隔で飾られているんだ。

情報によれば「江戸時代の浮世絵師 歌川広重【名所江戸百景】の行燈165基、高さ1mを超える大型行燈を3基設置します。」とのこと。

これはさっそく行ってみなくては!
昼間に見てもいいんだけど、やはり行燈というからには、暗くなってから見るほうが一層いいね。ブログのために昼と夜、連続で撮影に行ってきたよ。

昼行燈

昼行燈2

ちなみに17時?21時が行燈の点灯時間とのこと。

夜行燈

夜行燈2

さらに、クリスマスから続いているイルミネーション、こちらも2月26日まで見られるって。
(写真は次回ブログにて)

行燈を見ながら“和”を感じ、今風のイルミネーションでは“洋”を感じる。
両方見られてお得な場所だね、上野公園は。

そうそう、使い終わった缶も、穴を空けてキャンドルライト入れにすると、幻想的なんだよ。
アロマキャンドルを入れるのもいいね。

以上、今年も缶パッケージ台東区を応援する缶缶が行く!!でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

2012年のカラー

2012.01.12

今年、2012年のカラータンジェリン タンゴだそうで、
口頭で説明するなら赤に近いオレンジ色ってところだよ。(C0+M82+Y80+K0)

これは色見本帳で有名なアメリカのPantone(パントン)社が発表している、カラー・オブ・ザ・イヤーのお話し。
毎年12月に翌年の色を発表するから、デザイン業界や広告業界でも参考にする企業は多いかも。

2012color

ところで、色に関するこんな話しを聞いたことがあるかな?

「流行色は2年前に決められている」

テレビでもたまに取り上げられるけど、これは国際流行色委員会(インターカラー)が会議で決めているという「ファッションの流行色」。

たしかにパリコレなんかは季節が先走っているから、2年前から作っていかないと間に合わないのかもね。

そういうことだからインターカラーが発表する流行色と、パントンが発表するテーマカラーは違うってこと。
パッケージの参考にするなら、パントンが発表するテーマカラーのほうが、広告や商品に活用しやすいんだよね。

でも缶缶は疑問を投げかけたい。
日本はオシャレな国として認知されてきているのだから、日本独自に「今年の日本が推すカラー」を話し合って、日本から世界を動かすのもスケールがデカくてかっこいいよね。

(だいぶ妄想だけどさ)

タンジェリン缶缶

以上、日本からグローバルスタンダードを推奨したい缶缶が行く!!でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

年賀状と正月飾り

2012.01.10

年明け一回目の缶缶が行く!!スタートだよ。
もう新年も10日を過ぎてしまったけれど、

ちゃんと年賀状の話しとか、本社の正月飾りの話しとかを書かなきゃ。

さっそくだけど、今年の金方堂の年賀状がこちら。

12年年賀状

毎年、年賀状は、遊ばずにオーソドックスなものを作るのが基本だよ。
いくつか企画課でデザイン案を提出し、営業部の投票で決めているんだ。

それと今年はポストカード印刷ではなく、お年玉クジ付の年賀状を初採用。
初心に戻ってより年賀状らしくしたんだ。
缶缶マークの御利益で何か当たるかな?(クジの抽選日は22日だって)

続いて毎年恒例の本社受付の正月飾りがこちら。

2012受付

飾りは企画課の手作り品を毎年再利用しているから、大きな変化はないんだけど、
センターに飾るものだけは、一年ごとにリニューアルしているよ。

今回は組上缶フタ再利用したスプレーアートで、「春」の一文字を書きました。
缶のフタは額縁のように使えるから、こんなアフターユースもありでしょ?

フタ再利用

ところで缶缶の今年の抱負は、「一年を通してブログを続けること!」
スタートしたのが去年の5月だったから、まずは5月に一周年を迎えて、
それから年内いっぱいしっかりと“ゆる?いネタ”を提供していくぞう。

以上、2012年最初の缶缶が行く!!でした。

缶缶の新年挨拶

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

Page 30 of 37« First...10202829303132...Last »