金方堂松本工業株式会社

BLOG

世界遺産登録

2016.05.23

上野公園にある、国立西洋美術館世界遺産に登録されることがほぼ確定になったね。
「近代建築の巨匠」と呼ばれたフランスの建築家、ル・コルビュジエが設計した日本で唯一の建造物なんだ。

実は今まで二度も世界遺産登録に落選していたんだけど、ついに3度目の正直だね。

と、ここまで話しておいてアレだけど、実は缶缶国立西洋美術館のことについて全くの無知だったので、(小声)

国立西洋美術館についてちょっと調べてみたよ!

実業家松方幸次郎がヨーロッパ各地で集めた美術品(松方コレクション)を期に建てられた美術館で、
当時、松方コレクションはフランス政府により敵国資産として差し押さえられていたんだ。
日本に返還される際の条件として、1959年(昭和34年)に建てられたのが国立西洋美術館なんだ。

ピロティー(壁がない柱だけで支えた建物形式のこと)、スロープ、自然光を利用した照明などが、
ル・コルビュジエ建築の特徴だそうだよ。

一般缶の中にも「美術缶」と呼ばれる缶があるんだけど、デザインや印刷にこだわったまさに「容器」として作られた缶なんだ。
綺麗なカンカン後利用したいから捨てられないよね!

美術館の話をしていたら思い出しちゃった。
お気に入りのデザインや綺麗な印刷の缶を見るとコレクション欲がふつふつと・・・

美術館のお土産缶なんてどう??

以上、缶缶コレクションも負けないぞ!缶缶が行く!!でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

結果発表!!

2016.04.07

『第3回 缶のアフターユース・アイデアコンテスト』結果発表だよ!

今回は51点の応募作品が集まりました。
今年もたくさんの楽しいアイデアをありがとう!

そして、金方堂営業部による投票と、
日頃から容器として採用してくれている取引先の皆さまの投票を合わせて、集計が終わったよ。

それでは、見事最も多くの票を集めた「最優秀賞」はこちら!

タイトル『可動式2段缶ラック』(大阪府 ここつかママさん)

缶の蓋と胴をマグネットでくっつけて、棚にするというアイデア。
なんと2段の棚になっているんだ!しかも、マグネットだから取り外しが簡単で、可動式の棚にもなるんだよ。

このアイデアには営業部も思いつかなかった!無駄がない!さっそく真似したい!と、多くの票を集めたよ。
蓋のデザインも活かせるし、簡単で実用性の高いアイデアだね。

続いて、2位の「優秀賞」は2点、「アイデア賞」「営業部賞」とさせていただきました!

では、「アイデア賞」はこちら!

タイトル『空き缶駐車場』(大阪府 マツシタさん)

散らかりやすい子供のおもちゃですが、缶の中に駐車場の絵の紙を敷いて、楽しく片付けをしちゃおう!
というアイデア。
お子さんに「駐車場に片付けて?」と言うとキチンと片付けてくれるようになったんだって。
これなら、片付けも遊びになって楽しいね!

続いて、「営業部賞」はこちら!

タイトル『自分好みに作れる棚』(静岡県 ムラタさん)

缶の蓋と胴をマグネットで組み合わせて、棚にするというアイデア。
マグネットにくっつくという缶の特性を活かして、メモや写真を止めておくこともできるんだ。
缶に角度をつけてみたりして、おしゃれな棚に大変身。

最優秀賞と同じく、マグネットを使って棚にするアイデアだけど、
見せ方も、実用性もまた違っておもしろいアイデアだね!

三人ともおめでとう!

受賞者には景品を送らせていただきます。

今年もご協力ありがとうございました!
早速真似して後利用しちゃお?!とワクワクな「缶缶が行く!!」でした。

現在投票中

2016.03.26

だんだんと気温も高くなって、暖かい春の陽気だね。

そろそろ桜が咲いて、お花見シーズン到来だね。桜の形状を思わせる、
花型の缶
なんて、いいと思うなあ?。

季節の到来を感じさせるパッケージは見ていて楽しいね。

25日現在での上野公園の桜はこんな感じ。

あんまり咲いていなかったから、上野駅の桜を撮ってきたよ。

『第3回 缶のアフターユース・アイデアコンテスト』は、現在投票中だよ。

今年も缶缶をうならせるような後利用のアイデアがたくさん集まったよ。
これは缶メーカーとして嬉しいかぎり!結果発表までもう少し待っててね!

以上、春の陽気で居眠りしないようにね!

花粉症に困っている『缶缶が行く!!』でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

コンテスト締め切りました

2016.03.01

おかげさまで第3回缶のアフターユース・アイデアコンテストも、たくさんの応募をいただけたよ。

みんなありがとう!!

今月中にエントリー作品から投票を行うので、4月の発表まで待っててね。

告知していた通り投票は金方堂営業部ならびに、日頃から缶を注文してくれている取引先の方々。

本社ショールームにエントリー作品と投票用紙を置いておくので、
商談に来られた方は、ぜひ一票入れてね。

金方堂大阪支社九州営業所にも、商談室にファイルと投票用紙を設置するよ。

ではでは、来月の発表(ホームページ上)を楽しみに待っててね、缶缶が行く!!でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

今月末コンテスト締め切り

2016.02.02

第3回『缶のアフターユース・アイデアコンテスト』は、
いよいよ2月末で締め切りだよ。

毎年、締め切り月にラストスパートで応募が集まってくるから、
今回もぎりぎりまで面白い作品を期待して待ってるよ。

すでにエントリーした人も、他にアイデアが浮かんだら、
何点でも応募してくれてかまわないから、よろしくね!

バレンタイン缶入りチョコレートをもらったモテモテ君なんかは、
そので、ぜひ再利用方法を考えてくれたら嬉しいな。

えっ?缶缶はどれだけチョコをもらっているかって?

それはもう全国のファンからたくさんの・・・

気持ちだけはテレパシーで受け取っている!




以上、妄想パンダ缶缶が行く!!でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

明けましておめでとうございます

2016.01.04

明けましておめでとうございます。

金方堂は本日、1月4日より営業をしています。

ではさっそく、恒例の東京本社の正月飾りをご紹介。

申年ということで、缶缶孫悟空になってお出迎えしているよ!

額縁は組上缶再利用したもの。

以上、アフターユース・アイデアコンテストもよろしくね!缶缶が行く!!でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

アフターユース・コンテスト開催

2015.12.1

第3回『缶のアフターユース・アイデアコンテスト』のお知らせだよ。

3年目になるので、もう知っている人も多いと思うけど、もう一度説明するよ。

このコンテストは、空いた缶の使い道をみんなから募集して、
その中でも面白い!すごい!と思えるようなアイデアに、賞を贈るというもの。

今回の募集は2016年2月29日(月)締め切りだから、
じっくり考えてくれるのでも、日頃のアイデアで勝負するのでもOK。
必ず写真付きで送ってね。

このホームページからはhttp://www.kinpodo.co.jp/contest-formで、写真データと一緒に送れるよ。

メールの場合はcontest16@kinpodo.co.jpから。

郵送の場合は
〒110-8630 東京都台東区東上野1-28-12 新御徒町KMビル1F
金方堂松本工業(株)「コンテスト」係
まで。

詳細についてはhttp://www.kinpodo.co.jp/3871を参照してね。

過去の最優秀賞である『缶ケーキ』『リボンテープ』
『マグネット式鍵入れ』を超えるアイデアを、楽しみに待っているよ!

以上、子供の柔軟な発送が出てきたら嬉しいと思っている缶缶が行く!!でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

ショールームリニューアル

2015.11.19

去年の12月以来、約1年ぶりに本社ショールームのレイアウトを変更したよ。

おかげさまで今年も缶の受注がたくさんあって、
もう新商品コーナーの入れ替えが追いつきません。
(嬉しい悲鳴)

そこで、思い切って新商品コーナーのシマを2つに増やしました!

他にもインバウンド向けやら、アフターユースのアイデアを・・・おっと、
ここから先は見てのお楽しみ。
(って、この引っ張り方は去年とまったく同じだね)

とにかく、しばらく訪れていなかったお客様には、
ぜひ金方堂ショールームに来てほしいな?。
きっと1年前とは展示商品がガラッと変わったことに気づくはず。

【ご注意】
本社ショールームは、商談の際にご利用いただいている完全予約制の場所なので、
見学希望の方は必ず営業部までご連絡ください。
※なお、一般公開はしておりません。

以上、そろそろアフターユース・アイデアコンテストを進行中の缶缶が行く!!でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

缶缶LINEスタンプ登場!

2015.05.08

遅ればせながら、スマートフォン向けアプリ『LINE』
缶缶オリジナルスタンプが登場!!

しかも第一弾第二弾と連続で販売が決まったんだ!

2014年にこっそり始まった「缶缶スタンプ化への道」企画が、
著作権の証明で一度だけリジェクトされるも、
絵柄にはいっさい修正なしで一発OK快挙。

(それにしても承認までが長かった?)

内容は金方堂ブログ「缶缶が行く!!」に登場したポーズから
厳選したスタンプ40種類が2セット。

有料となってしまって申し訳ないけど、
まずは売り上げよりも缶製造メーカー金方堂松本工業の知名度向上や、
親しみやすい企業イメージが出来てくれると嬉しいなぁ。

LINE STOREで検索するときは、“金方堂”または“缶缶”で出てくるからよろしくね。

●缶缶スタンプ第一弾
スタンプ名:KINPODO CanCan
クリエイター名:KINPODO KIKAKU
http://line.me/S/sticker/1115234

●缶缶スタンプ第二弾
スタンプ名:KINPODO CanCan2
クリエイター名:KINPODO KIKAKU
http://line.me/S/sticker/1115242

以上、ブームには乗り遅れちゃったけどよろしくね!缶缶が行く!!でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

その他の各賞発表

2015.04.09

前回の続きで、『第2回 缶のアフターユース・アイデアコンテスト』その他の各賞発表だよ。

「営業部賞」は切ったり貼ったりなどの改良を加えていない、缶そのものを使った再利用アイデアの中から、金方堂の営業マンが投票で選んだ賞だよ。

タイトル『BOOK BOX』(千葉県 ケータさん)

本棚の手前の本をに入れておけば、奥の本の出し入れが楽というアイデア。
本の奥行きと、のサイズがピッタリ合えば、こういう使い方が出来るんだねー。

続いて「技術賞」は、缶に改造を施したり、何かと組み合わせるなど
工作が必要になる応募作品から、金方堂企画課と開発課の投票で選んだよ。

タイトル『ランタン缶』(東京都 NoLeeさん)

紅茶缶のフタを裏返しても、本体にピッタリはまるので、100均のキャンドルを置いて、ペットボトルで風よけを作ったランタン
これは「そのまま商品化も出来そう」ということで、最初から票を集めていたんだけど、優秀賞まであと1票という僅差で3位だった作品。

「営業部賞」「技術賞」に選ばれた二人には、それぞれ副賞として、
3千円相当の缶入り菓子詰め合わせと、商品券3千円分を送りまーす。

最後に「入選」は賞からもれた中で、票を獲得した上位15作品に、500円分のQUOカードを送らせてもらうよ。
QUOカードは金方堂オリジナル!缶缶が描かれているレアものさ。

以上、発送準備に負われる缶缶が行く!!でした。

(過去のブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

Page 20 of 42« First...1018192021223040...Last »