金方堂松本工業株式会社

七変化?

2019.11.25

パッケージの顔とも言えるデザイン。

缶のデザインによっては、缶に見えないようなパッケージを目指すこともできるよ。

例えばカール(缶の巻きじめ)が表に出ない内カール、

カシメと呼ばれるタイプの缶は、
漆器のような深い色で高級感を持たせたり。

かたちのちがいは簡単に説明するとこんな感じ。

真っ白なベースに単色だけで陶器のような表現ができたり。
マットな質感を加えてみたり。

デザインや印刷の効果で多様な表現ができるんだ。

これもすべて容器として長く後利用できるのも嬉しいところ。
え?これ缶なの?なんて手に取った人に驚かれちゃったら、

パッケージとしての効果もちゃんと得られているってことだよね。

以上!!素敵な商品づくりをお手伝いします!

『缶缶が行く!!』でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ