金方堂松本工業株式会社

デザインからダミー作りまで

トップページブログデザインからダミー作りまで

2011.05.17

金方堂本社には企画課デザイン室があるんだ。

通常は「白ベタ缶」という白一色の缶や「無地缶」と言われるブリキ地の缶を、
サンプルとして持って行くんだけど、デザインから受注した場合は、
缶にデザイン紙を貼り付けた「ダミー缶」で提出することもあるんだ。

ダミー缶

上の写真は三角缶に、ひな人形のオリジナル・デザインをほどこした時のダミーだよ。

白ベタ缶に、企画課でデザインした紙を貼っているんだ。

これなら完成形をイメージしやすいでしょ?

(多種多様な種類の金型に合わせて紙を切り貼りするのはとても難しい…)

ダミー切り込み

図面通りにカットしても、ブリキは伸び縮みがあるから、
ピッタリ数値通りってわけには行かないんだ。

そこで経験を積んだデザイナーが、図面へのレイアウトとは別に、
ダミー専用のレイアウトを作り、その出力紙をカットして貼るってわけ。

缶缶ちょきちょき

オリジナルの缶を作るなら、一度はダミーで見ておかないとね。

以上、『缶缶が行く!!』でした。

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)