金方堂松本工業株式会社

噴水の日

2013.8.8

8月21日は噴水の日なんだってね。

1877年(明治10年)、東京上野にある美術館前広場の人工池に、日本初の西洋式噴水が設置されたのだ。

噴水が完成したのは9月なんだけど、設置した目的が『第1回内国勧業博覧会』のため。
この博覧会が8月21日から開催されていたことで、8月21日が噴水の日になったらしい。

金方堂誕生よりも、30年近く前のお話だね。

しかし、西洋式噴水って一体なんだろう?

他のサイトで噴水を調べてみると、日本最古の噴水は兼六園のものらしいけど、これは動力が
無いのだとか。

動力を使ったポンプ式が、西洋式噴水?
うーん、ちょっと缶缶には難しい。

今ではすっかりキレイに整備された上野公園中央噴水広場は、今の時期だと日に焼いている人がたくさん。
日に焼いているからって、噴水をプール代わりに泳いでるわけじゃないよ。

まだまだ暑い日が続くから、みんな熱中症にならないか心配だー。

以上、サングラスをかけたまま日焼けした人は、「パンダ焼け」なんて呼ばれるから気をつけて!缶缶が行く!!でした。

おっと!忘れちゃいけない。

金方堂は8月10日(土)から夏期休業に入るよ。
15日(木)からは通常業務再開なので、よろしくお願いしまーす!

(すべてのブログを表示させる場合は、こちらをクリック)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ